総合案内

 

******  病院周辺の地図  ******

 

*******  施設・設備  *******

 

******  ドッグラン情報    ******

 

******  診察予約の方法  ******

 

  電話:058-210-2020  
  診察は予約優先制です  
  アニコム・アイペット保険対応病院  
 

クレジットカードご利用いただけます

 

 

(クレジットカード払いの詳細はスタッフまでお尋ねください)

ドッグランも含め当院敷地内禁煙です
     ご了承ください

診察対象動物

ウサギ・ハムスター・モルモット

チンチラ・デグー・ヨツユビハリネズミ

フクロモモンガ・プレーリードッグ

フェレット

(現在、犬・猫の新規受け付けはしておりません)

    ウサギ・ハムスターなど小動物専用の    
    待合室と診察室があります。    

詳しくはこちら → 施設・設備

予約制について

<予約優先で診察しています>

 詳しくはこちら → 予約優先制について

完全予約制ではなく、予約なしで来院された方は予約の方の間に入れていくといった具合になります。一般の歯科医院や小児科などで、よく取り入れられている方式と同じです。 

ご予約は電話お電話いただくか、病院受付でお取りいただけます。

 

チンチラのお昼寝(当院の居候パチュリーさん)

          <お知らせ>

(2017.10.30)

11月の診察予定を更新しました。

 

11月はセミナーや学会が多く開催されますので、臨時休診が多いです。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

 

(2017.10.1)

10月の診察予定を更新しました。

 

(2017.9.1)

9月の診察予定を更新しました。

 

(2017.8.12)

8月31日をもちまして、犬と猫の新規の受付を停止いたします。

現在当院かかりつけの犬猫については今後も継続して診察を行います。

 

ここ半年ほどでウサギなどの診察が増加しており、新規の犬猫を受け入れられる診察時間が取れなくなってしまいました。そのため、大変心苦しいのですが、新規の犬猫につきましては他院を紹介させていただくことにしました。

これまで当院をかかりつけにしておられる犬猫の飼い主様につきましては、責任もって今後も診察を継続いたします。

11月の診察予定

5(日)、12日(日)、18(土)、19(日)は

  全日休診となります。

22日(水)

  午前9:00~11:30、午後は休診

17日(金)

  午前、午後ともに通常診察いたします。

      1 2 3

4

5 6 7 8

9

10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
  全日休診       時間変更あり 
  午前休診       午後休診

来月以降の長期の診察予定はこちら


                            受付時間


 

  日  

  月  

  火  

  水  

  木  

  金  

  土  

 AM9:00~11:30

  ○   ○   ○   ○   ○ 

  休 

  ○

 PM4:00~  6:30

  休    ○    ○    ○ 

  ○ 

  休    ○ 
 
          日曜日も診察しています (午前のみ )  
     祝日は休診となります    

診察は予約の方優先としております。予約なしでも診察は受けられますが、予約された方が待ち時間が短くて済む事が多いです。予約に関しては「診察予約の仕方」をご覧ください。

< 生牧草あります >

当院では、中央牧草センター産の生牧草を取り扱っております。

 

今の時期の取扱生牧草情報

 [取扱い生牧草グレード]

 ゴールド

 [取扱い生牧草の品種]

 イタリアンライグラス(イネ科)

 

毎週土曜日の昼ごろの入荷となります(数量限定)

数量に限りがありますので当院の患者さん向けの販売となります。

天候等により入荷予定が変更になる事もあります。

値段や入荷状況については当院まで直接お問い合わせください。

< 飼育本の販売 >

エキゾチックペットの飼育本の取り扱いを始めました。

誠文堂新光社の書籍の一部です。エキゾチックペットはなかなか良い飼育本がない、書店に行っても置いていない、取り寄せに時間がかかるなどの状況があるので、当院でも販売できるようにしました。

 

取扱いタイトルは「取扱い飼育本」のページでご確認ください。在庫の有無は受付までお問い合わせください。

<小動物専用CTを導入しました>

小動物専用マイクロCT「stella scanAX」を導入。

マウスから小型犬まで、一般動物病院で使用されている人用CTを遥かに超える精密な画像が得られます。

特にエキゾチック動物診療においては、一般のレントゲン検査などではわからないものを検出するための強力な手段の一つとなります。

  ↓CT装置の写真 

↓CT撮影(写真は当院の居候フランの撮影の様子)


                 飼い主さんへのお願い

1.ペットを連れてくる方法についてのお願い

は、キャリーに入れるかリードをつけてください。

は、キャリーに入れるか洗濯ネットに入れるかしてください。

 

うさぎ・ハムスター・モルモット・フェレットなどの小動物について

小動物の初診時には環境の確認もとても大切な情報源になります。

・いつも飼育しているケージをそのまま

・いつも与えているフード・副食(おやつ)をパッケージごと

持ってきてください。

動物本人はキャリーに入れるか、いつも使っている飼育ケージに入れてそのまま連れてきてください。

ウサギやモルモット、フェレットの飼育ケージは大きいと思いますが、特に初診の時は飼育環境を確認する事はとても大切なので、可能であればケージごと連れてきてください。

どうしても持ってくるのが難しい場合は、ケージや飼育環境の状態・フードなどを携帯やスマホ、カメラなどで様々な角度から写真を撮ってきて下さい。

 

2.連れてくる人についてのお願い

そのペットの状況がわかり、かつ責任を持って判断できる人が連れてきてください。

診察を進める中で、ペットのこれまでの経過や状況は飼い主さんにしかわかりません。病院に連れてきたときに獣医師がわかることは、今現在の状況とそこから推測される事柄だけです。これまでの経過や状況の正しい情報は、正しい診断をつけるのにとても大切なのです。

また、診療は飼い主さんに検査結果などの説明を聞いてもらい治療方法や費用についてもご理解いただいたうえで進めないといけません。

 

よろしくご理解、ご協力をお願いします

                ベル動物病院はこんな病院

モットー

・飼い主さんに分かりやすい診療をします。

ペットの医療の大半は飼い主さんとのコミュニケーションによって成り立っています。動物は自分がしてほしいことや自分の状況を話してくれませんからね。

そのために飼い主さんに分かりやすい説明をし納得していただくことを心がけています。


診療方針

・動物と飼い主さんの双方が幸せになるための診療をします。

動物と飼い主さん、どちらかが犠牲になるような生活はとてもつらいものです。双方が幸せになるためのベストな方法がは何なのかを考えた治療方針をご提案します。

・高度医療が必要な場合は専門医への紹介をします。

動物病院は産科から内科、外科、歯科、眼科、耳鼻科などなど、あらゆる診療科をすべてを診なくてはなりません。しかし、動物医療も高度化してきた現在、すべてを専門的に診ることは非常に困難です。そのため、地域のかかりつけ医として総合診療を行い、高度医療が必要な場合にはそれぞれに合った専門医や専門病院を紹介しています。


特徴

・ウサギ・ハムスター・モルモット等小動物の診療に力を入れています。

ウサギやハムスター、モルモット等小動物は犬猫よりも弱くとてもデリケートな生き物です。当院ではそんな小動物の負担を減らすための取り組みをしています。


  1. 専用の待合室と診察室を設置しており、犬や猫と分けることで病院で受けるストレスの軽減をはかるようにしています。
  2. 予約優先制にすることで可能な限り混み合うことを避け、待ち時間を短く、他の動物と過度に接近しなくて済むよう努めています。 


最近は住宅事情もあり、飼育数も以前よりずっと増えてきました。

犬猫の診療の片手間にするのではなく、ウサギ・ハムスター・モルモット等小動物にあった診療を心がけ、日々勉強に励んでいます。


病気の治療はもちろん、飼育のことや病気予防の啓発にも力を入れています。


その他

・怒りません

よく「こんなことを言うと怒られるんじゃないか」とか「ダイエットがうまくできなくて太らせているから怒られてしまう」と言う方がみえます。

しかし、そういった事は私が怒る事では無いと思っています。

なぜなら、その結果として困るのは飼い主さんとペット自身であり、私ではないのです。だから私が怒る理由がありません。

「このままではあなたのペットとあなた自身が困った状況になりますよ」という言い方になります。勘違いや間違いは誰にでもあるのでそんな場合は怒るのではなく、できる限りの説明とアドバイスを行います。

私が飼い主さんを怒るとすれば、ペットに対して虐待をしているケースとスタッフの指示に従わず院内で危険な行為をされるような時くらいでしょうか。

治療に必要なことについては厳しいことを言うことはありますが、上記のような理由により、飼い主さんに怒ることはありません。

怖がらずにご来院ください。 


岐阜市東島3‐9‐22

Tel 058-210-2020

 

< 受付時間 >

AM9:00~11:30

PM4:00~6:30 .

 

< 休診日 >

日曜日午後、金曜日、祝日 

    <ツイッター>